バイク買取とバイク下取りの違い

さて、いざ不要なバイクを手放そうと考えた時、どのような方法があるでしょうか。

代表的なものに「バイク買取」と「バイク下取り」の二種類があります。

バイク買取とバイク下取りは一見同じような意味に思えますが、実はまったく異なる処分方法です。

確かに、バイク買取もバイク下取りも「バイクを売る」ということについては変わりがありません。

バイク下取りは、現在所有しているバイクを売って新しいバイクを買う、つまり乗り換えをするという前提でバイクショップへ売るということです。

新しいバイクを買うために、古いバイクと引き換えに値引きしてもらう、という考え方なんですね。

つまりは、下取り金額が車両価格の一部となるので、手元に現金として戻ってくるわけではありません。

メリットとしては、バイクの売買ががひとつのお店でできるため、手間がかからずお店の人に一から任せることができるので安心です。

ただし、バイク下取りはバイクショップでの取引になるため、バイク買取の専門業者に比べて高値がつきにくいことがデメリットとなります。

逆に、売ったバイクが現金に変わるのがバイク買取です。

急な入用で手元にすぐにでも現金が欲しい、お金を他の目的に使いたいという人にとっては、バイク下取りでは意味がないですよね。

また、今後バイクを乗る予定がない人にとっても無意味です。

バイクを買う必要がない人、現金が必要な人にとってはバイク買取を選ぶことになります。

Comments

Comments are closed.